テーマ:

* ありがとう JOY *

いつまでも一緒に居たかったのに 叶いませんでした。 15才8ヶ月でのお別れでした。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  桜が咲けば抱いて一緒にお花見をしました。 五月の風にJOYは毛をなびかせて歩き 夏の暑い盛りには大きなタライで水浴び。 冬の散歩では、落ち葉の上を…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ジョイ ^・・^ 熱中症になる ― その2 ―

何の処置もなく帰宅後は水を飲ませるだけ。 夜のフードは見向きもしませんでした。 心細いまま翌朝となりました。 ハウスを覗いてみるとやはり元気がない状態です。 朝一番でいつもの動物病院へ行きました。 S先生は全身を診て「注射と点滴をしましょう。」と言われ 栄養剤入りの点滴をして下さいました。 そし…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

ジョイ ^・・^ 熱中症になる ― その1 ―

去年(2009年)6月、あと2週間程で私が入院という時でした。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  その日のジョイは、いつもの様に元気で、散歩もいつも通り。 お散歩仲間と遊んで帰ってきました。 晩ご飯もいつも通りにペロッと食べたのですが 夜遅くになってもどしてしまいました。 それでもいつもの元気があった…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ジョイ ^・・^ のア~

数年前からジョイが話します。 と言っても短く発音するだけなのですが。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 散歩から帰ると脚を洗い 全身を拭き埃や汚れを落とします。 歯や口の周りを拭く時、口を開けて欲しく 「はい、ア~ンして」と言うと  ( 何故かこの時だけ幼児言葉に ・・・ ^^; …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

狂犬病予防注射

今年も行ってきました。 掛かりつけの動物病院に狂犬病を発症した犬の写真がありました。 よだれをたらし歯を剥き出し 唸り声を出して威嚇しているのでしょう 頭を低くし今にも飛び掛らんばかりです。 もう飼い主も何も理解できないのでしょうね。 悲しく胸つぶれる写真でした。 愛犬家の中には狂犬病の予防…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

シャンプーされました・・・

こんにちは。 初めまして。 お風呂です。 きもちいいです。 久しぶりのお日さまにごあいさつです。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  赤ちゃんのようにしゃぶったり 咥えて振り回したり 引っ張りっこしたり 散々な目に遭っている縫いぐるみです。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

お奨めしたい本・犬に精神科医は必要か

「犬に精神科医は必要か」 ピーター・ネヴィル著 竹内和也・竹内啓 訳 講談社・刊 この本は古書店の書棚でしか見られなくなってしまいました とても残念です それでもお奨めしたい本の一つです 内容は 犬に関する様々な問題行動とその原因 飼い主の対処法 医学的な原因なども書かれています 「毎週決まった曜日の決…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迷子のワンチャン

犬の散歩で初めて会ったワンチャンがいた オレンジの毛色のポメラニアン 3kg足らずの小さく可愛い男の子 連れている女性も見かけたことのない方で 小雨の中フードをかぶって歩いていた 「こんにちは、降ってきちゃいましたね」 と声をかけると 「こんにちは」 続いて 「あのー、この子見かけたことありませんか?  …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

お奨めしたい本・5

前回に続き、犬の本の紹介です。 これから犬を探すと言う方に特にお奨めします。 『生涯の友を得る愛犬選び』    一目でわかる犬の性格と行動     ベンジャミン・ハート  リネット・ハート著      日経サイエンス社・刊 愛玩犬の殆どの種類を、同じ方法で評価した本で、 飼い易さ、番犬度、健康度、など、 これから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お奨めしたい本・4

犬の飼い方の本をご紹介します。 基本的な事から書かれているので、 初心者にも判りやすい本です。 『犬の気持ちを考えたしつけ方』   わが家でできるコンパニオンドッグ・トレーニング      日本動物病院福祉協会・編  ジャパンタイムズ社・発行 「褒めてしつける。力で強制してはいけません。」 と言う方針の本です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドッグトレーナーが起こした重大事件・2

昨日の関連記事です。 今回問題を起こした犬は、中型の牧羊犬です。 犬の中では、一番賢いといわれている犬種でした。 何故こんな事になったのでしょうか。 獣医の話によると、 最近このように、犬が突然に何の前触れもなく 噛み付く事件が、多くなってきているそうです。 今年は特に多いそうです。 何故なのでしょう・・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ドッグトレーナーが起こした重大事件・1

先日、さいたま新都心のケヤキ広場で、小学校三年生の少女が、 犬に顔面を噛まれ、大怪我をしました。 少女の母親が、狂犬病予防注射の有無を聞くと、 飼い主は、  「注射済票をなくした。」と言い、 獣医の証明書を求めると、  「獣医がカルテを無くしたと言っている」と言い、 ノラリクラリと逃げようとしているので、 警察に通報…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お奨めしたい本・戦場をかける犬

   『戦場をかける犬』    アンソニー・リチャードソン作・藤原英司訳     文春文庫・1977年刊   実際にあった、犬と兵士の物語なのですが、戦記物のようでいて、  犬と人とのかかわり方がとても心にしみてきます。    ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  戦闘機パイロットの主人公が戦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過去ログ